想定してみるとわかる排水管の水漏れ被害

被害は実際に受けてみないとわからない部分がたくさんあります。排水管の水漏れも同じことです。実際に漏れてみると、その被害の大きさに気が付き、修理も考えるようになるでしょう。ですが、点検しておけば、未然に防げることもたくさんあるのですから、知識を身に着け対応することが必要です。

■水漏れが起きた時にどのような被害が起きるのか

キッチンの排水管から水漏れを起こしたことを想定してみることも大切です。調理をしたり、洗い物をしたりするたびに、シンクの下部から水漏れを起こしていきます。洗った水が流れ出てくることになるため、量は少なくても、長期間それが続くと異臭を放つようになっていくでしょう。その水は、自然にどこかに流れるのではなく、その場で床を侵食していきます。どんどんとダメージを与え、腐らせてしまうことも出てくるはずです。不衛生な状態が続くと虫もわいてくるようになり、中にしまってある調理器具などにダメージを与えていきます。いざ使おうと思って開けてみると、その被害の大きさに気が付き、修理をしなければいけませんが、被害が大きくなった分だけ修理箇所も広がってしまうのが問題です。しかし、定期的に点検していれば被害の拡大は防ぐことが可能です。

■排水管の掃除をしておくことで予防

排水管を劣化させてしまう理由はいろいろとあります。詰まってしまうというのも、ひとつの原因です。配管を劣化させることになり、パッキンから水漏れを起こすことがあるからです。定期的に清掃をしていれば、少なくとも詰まって劣化することは防げます。排水管用の洗剤も簡単に手に入るため、手軽な対処方法となるでしょう。水漏れという点では、定期的に中をのぞいてみるということも必要です。異臭がするのであれば、確実に異常が出てきているからです。大量に漏れてくることがないのが排水の水漏れの特徴ですので、ほんの少しでも異変があると思ったら、疑ってかかる必要があるでしょう。接続部品が原因の場合は、自分でも応急処置をしたり、パッキンを交換したりといった修理をすることも可能です。

■まとめ
水漏れが拡大してから気が付けば、他にもさまざまな被害を発生させます。シンクの下だけではなく、お風呂場の排水でも、洗面所でも、ある程度点検する習慣を身につけることが大切です。被害が小さいときに対処できれば、費用も抑えられるのですから、徹底的なかたちでなくても定期的な点検を心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ