日常から点検したい排水管の水漏れ

どんなものでも、いつかは壊れてしまいます。経年劣化はさまざまな要因があり、紫外線が問題になることも珍しくありません。ですが、暗がりの中に設置されていることが多い排水管も、時間とともにだんだんと劣化していきます。水漏れが起きる可能性もあり、対処が遅れると被害は大きなものになってしまう箇所です。早期に発見できれば、ダメージを最小限に抑えられるため、注意していかなければいけません。

■わずかな水漏れから始まる

水道 修理と同じぐらい重要な意味を持ってきますが、排水管が使えなければ水は流せません。排水管にもさまざまな部品が取り付けられており、接続部分には水漏れを防ぐためのパッキンがあります。このパッキンは、水道のように強い圧力に耐え続けなければいけないわけではありません。それでも、時間とともに劣化が進むため、必ず交換の時期がきます。ですが、排水管の性格上、水漏れを起こしても、初めのうちはほんの微量しか出てきません。全く気が付かない場合もあります。ほんの少しでもおかしいと思ったことがある場合は排水も十分に疑ってかからなければいけないでしょう。それほど微妙なところから水漏れがスタートしていくからです。

■排水管につながる接続部品も点検を

排水管につながっている器具にも注意しておく必要があります。洗濯機には、下部から排水管が伸びていくはずです。この管が水漏れを起こせば、やはり大惨事になるでしょう。こうした部品は、良く動くように作られています。可動域の大きい部品は、それだけストレスがかかりやすく、切れてしまったり、詰まってしまったりすることが出てくるため、水漏れの箇所になってしまいます。脱着するようなことがあれば、接続部分にもダメージを与え、漏れやすくなるのは間違いありません。日常から十分に注意しておく必要があり、確実に使っていけるようにしていかなければいけないでしょう。後悔しても遅い場合もあるため、定期的に点検していくのが重要です。

■まとめ
トラブルという点では、注意していても起こることはあります。だからといって、なにも注意せずにそのままにしておくことは違います。いつ起きても対処できるようにしておけば、突然トラブルに見舞われても、慌てることなく正しく対処できるでしょう。費用に関しても同じことがいえるはずです。排水管は見極めが難しい部分もありますが、日常から点検しておくことで少しの異変にも気づきやすくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ