排水管から水漏れしたらどうなるか

排水管から水漏れしたらどうなるか 水は使わない日はないといってもいいくらい毎日使います。料理をする際にも使いますし、お風呂に入るとしても、必ず水が必要になってきます。この使った水は、排水管から流れていくことになります。給水と排水はセットになっており、どちらも機能して、初めて水の利用ができます。ここからわかる通り、給水側の問題だけではなく、排水管 水漏れを起こせば、水を使うわけにはいきません。流せる場所がなければ、水はどんどんとたまる一方だからです。安全に機能的に使っていくためにも、排水管の水漏れは、できるだけ早く修理しなければいけません。

■給水管とは性格が異なる

家庭の中にはさまざまな給水管があります。そして給水管があるところには必ず排水管が接続されています。ここから本管に流すことで排水できますが、詰まってしまえば機能を失い水漏れを起こします。給水とは違った条件を持ってくるため、詰まらないような工夫がされていますが、それでもすべて予防できるわけではありません。逆流して排水が漏れてしまうようなことも起きます。給水とは異なり、使った後の水になれば、臭いも出てきますし、不衛生な環境にもなってしまうでしょう。大きなリスクを抱えるため、トラブルが起こった場合は確実に直していかなければいけません。水道修理ができる業者に依頼して、しっかりと排水できるようにするのも大切です。

■汚水が本管に流れていく構造
排水をしっかりと直さなければいけない理由はいろいろとあります。排水が汚れた水であることも重要になってくるでしょう。使った水は、臭いもありますし、汚れてもいます。これを本管に流していくわけですが、害虫がいたり、強烈な臭いを放ったりするのが問題です。これが逆流してきては、正常な生活にならなくなってしまいます。下水臭い部屋の中にいれば、精神衛生上も問題が出るでしょう。そこで、排水管にはトラップと呼ばれる工夫がされています。シンクの下をのぞいてみるとN型になっているカーブがあるはずです。ここに一定の水量を貯めこむことで、本管から逆流して上がってくるものをブロックしています。そのトラップから水漏れをおこせば、この機能を失ってしまうため、非常に大きな問題になってしまいます。

■被害はかなり大きくなる

排水管から水漏れを起こすことは、給水管以上に被害が大きくなります。どんな状態になるのかといえば、使うたびに汚水が流れていきます。床下などに汚水が流れだしてしまうと、臭いや害虫が発生してしまう危険性や、家を腐らせていく原因になってしまうこともあります。マンションなどでは下の階に流れてしまうと、驚くほどの被害を与えます。お風呂の排水管などでは、大量の水が流れるため、漏れていれば、かなりの被害になってくるでしょう。給水管のトラブルとはその内容が異なるため、気が付いたときには迅速に修理していかなければいけません。管には劣化しやすい消耗品となるパーツも使われているため、定期的な点検も必要です。

■まとめ
排水管は、どうしても見逃してしまいやすい部分です。給水管と違い圧力がかかっていないため、突然大きな被害をもたらすことはありません。それでも、部品は必ず劣化しますし、配管自体もダメージを蓄積していきます。やがて機能を失うことも出てくるでしょう。詰まってしまうというトラブルも起きやすいため、異変には十分に気をつけていかなければいけません。早めにわかれば、水道の工事業者に依頼して修理もできるでしょう。被害も最小限に食い止め、生活環境も清潔な状態にできます。軽微なものであれば、応急処置としてシールテープなどで防げる場合もあるため、参考にしながら気をつけてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース